映画「エンテベ空港の7日間」公式サイト » INTRODUCTION

43年前の夏、イスラエル人が多数乗るエールフランス139便がハイジャックされ、ウガンダのエンテベ空港へ向かった。そして7日後、イスラエル特殊部隊が<サンダーボルト作戦>を遂行。数名の犠牲者を出したものの、102名の人質が帰還を果たし、稀にみる成功を収めた。衝撃的な事件の幕開けから劇的な幕切れまでが世界を驚愕させ、『エンテベの勝利』(76)、『特攻サンダーボルト作戦』(76)、『サンダーボルト救出作戦』(77)とハリウッドなどが競って映画化した奇跡の救出劇がいま、新たな視点でスクリーンに甦る。

1976年6月27日。テルアビブからパリへ向かうエールフランス機が、4人のハイジャック犯に乗っ取られた。240名近い乗客を恐怖に陥れたハイジャック犯のうち2名は、パレスチナ解放人民戦線のパレスチナ人メンバー。残り2名は、革命を志すドイツ左翼急進派メンバー、ヴィルフリード・ボーゼとブリギッテ・クールマンだった。ハイジャック機は、悪名高き独裁者イディ・アミン大統領が待つ、ウガンダのエンテベ空港に着陸。乗客たちは空港の旧ターミナルに移され、武装犯の監視下に置かれる。犯人たちの要求は500万ドルと、世界各地に収監されている50人以上の親パレスチナ過激派の解放だ。

多数の自国民を人質にとられたイスラエルの首相イツハク・ラビンは、交渉の道を探りつつも、態度を保留し続けた。ハイジャック犯と交渉すべきではないと、国防大臣シモン・ペレスが強く進言したためだ。ペレスは秘密裏に軍事的解決をおこなうよう提案し、ウガンダに駐在した経験のある士官らと策を練っていく。

イスラエル人を除く人質の解放が段階的に進むなか、人質家族らの圧力や大量殺戮の脅威を抱えたラビン首相は、交渉のテーブルに着くと見せかけ、型破りな救出作戦を許可。そのエンテベ空港奇襲作戦(別名:サンダーボルト作戦)は、一瞬のタイミング、不意打ち、隣国からの協力を必要とする、大胆不敵な計画だった。演習を重ねた末ついに、前例のない作戦を遂行するイスラエルのエリート特殊部隊が、エンテベ空港へ送り込まれる……。

メガホンを執ったのは、ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作『エリート・スクワッド』(07)、リメイク版『ロボコップ』(14)のジョゼ・パジーリャだ。実在する麻薬の元締めをモデルにした「ナルコス」(15~17)や実際の汚職事件に着想を得た「メカニズム」(18~)などのTVシリーズでも腕を振るってきた気鋭監督が、世界を震撼させた事件の生々しさと鼓動高鳴るサスペンス、複雑な人間模様を見事に融合させ、骨太なエンターテインメントへと昇華させている。

ボーゼを演じるのは、『グッバイ、レーニン!』(03)『ラッシュ/プライドと友情』(13)で名高いダニエル・ブリュール。確かな表現力と語学力を武器に活躍を続ける彼が、理想と目の前の現実の間で揺れ動くキャラクターを人間味たっぷりに体現してみせた。またブリギッテ役には、『ゴーン・ガール』(14)の怪演でアカデミー賞®ほか映画賞レースを席巻したロザムンド・パイク。非情に振る舞いつつ自身も人知れず傷ついていく女のせつない表情を、ほぼノーメイクでスクリーンに焼きつけた。

W主演の脇を固める多国籍キャストもまた、実力派ぞろいだ。ペレス国防大臣役には、英米を股にかけ活躍を続ける『シャーロック・ホームズ』シリーズのエディ・マーサン。ラビン首相役に『運命は踊る』(17)のイスラエルの名優リオル・アシュケナージ。束の間ボーゼと心を通わせる航空機関士ジャック・ルモワーヌ役に『ジュリアン』(17)のドゥニ・メノーシェが扮し、スリリングな群像ドラマを盛り上げる。